肌トラブル

籠の中のアロマオイル

お肌の曲がり角は25歳からなどとよく言われるように、20代後半辺りからエイジングサインが見え始めるようになります。
長年浴びてきた紫外線の影響によって、シミが浮き上がってきて目立ち始めます。
また、ホルモンバランスの崩れによっても、ぼんやりとしたシミができたりします。
そして、目尻のしわが深くなってきたりなど、しわが徐々に増えてきてしまいます。
また、フェイスラインが緩んできたり、毛穴の開きやほうれい線が目立つようになります。
これらはたるみが原因になっていて、加齢や紫外線の影響などによってコラーゲンなどのハリ物質が減少してきたために起こります。
これらは全てエイジングサインの現れです。
気付いたらスキンケアの方法を変えて、老化を進行させないのが大切です。

シミにしわ、たるみなど、肌の老化はいつの間にか始まっているものです。
気付いた時からすぐに悩みを改善する適切なお手入れをすることにより、悩みを改善していくことができます。
肌の衰えによって、水分と油分が不足するようになってきます。
これはバリア機能の衰えによるもので、水分が蒸発しやすくなり紫外線の影響設けやすくなります。
バリア機能を高めるのに有効なのがセラミドです。
表皮の細胞間脂質にある成分で加齢によって減少してしまうため、化粧品で補ってあげるのが有効です。
また、水分不足を改善するには、水分をしっかりと抱え込む働きのあるヒアルロン酸を補ってあげると効果的です。
これらの成分が配合されたエイジングケア化粧品を使って、スキンケアを行なうのが良いでしょう。